カレンダー 新着エントリー 過去ログ
CALENDARメニューを閉じる
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
PROFILEメニューを閉じる
LOGINメニューを閉じる
userid:

password:


コミュニティ・ビジネス研究会 2018年4月25日(水)19時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コミュニティ・ビジネス研究会 2018年4月25日(水)19時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
相撲や花火など江戸時代からの歴史と文化が色濃く残り、中小企業のまち、
雨水利用のまちなどで知られる東京都墨田区。
近年では、東京スカイツリーはもとより、墨田区生まれの葛飾北斎の作品
を展示する「すみだ北斎美術館」がオープンするなど、産業・観光振興に
よる地域活性化策が積極的に図られています。
4月の研究会では、この墨田区において、産業振興や環境・文化施策、
企画・財政のほか新タワー誘致等に従事されるなど、行政の中核を担って
こられた、墨田区職員の中山誠氏をお迎えします。
講演では、墨田区のまちづくりの特性を振り返りながら、産業のイメージ
アップと地域活性化を図る「3M運動」、新ものづくり創出拠点、フロンティ
アすみだ塾ほか、時代をリードする取り組みをご紹介いただき、市民活動と
それを支える制度の在り方等について議論します。
皆様ふるってご参加くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○テーマ:墨田区における産業振興、環境等の各施策と市民活動の取り組み
○講師:中山 誠 氏/墨田区 会計管理者(前墨田区環境担当部長)
○日時:平成30年4月25日(水)19時〜20時半(予定)
○会 場:ローランズショップ原宿店(原宿駅徒歩10分)
         〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目54ー15
     ベルズ原宿ビル1F
    電話番号 03-6434-0607
    <案内図>http://www.floran-jp.com/harajuku/
======プロフィール================
○中山 誠
・ 1966年東京都墨田区生まれ
・ 1989年東京都立大学法学部卒業後、墨田区入庁
  (2010年専修大学大学院経済学研究科修士課程修了)
・ 墨田区では、産業、文化、観光振興、環境、財政、企画、
  政策、まちづくり、新タワー誘致等に従事
・ 産業経済課在籍時(1994〜1997年度)にコミュニ
   ティビジネスと出会う
============================
○講演内容(予定)
1)墨田区とは
 ・中小企業のまち、すみだ北斎美術館等による産業・観光振興
2)雨水利用の推進
 ・公共民間各施設による雨水利用の取り組み、市民団体
3)付加価値の高い製品づくり・イメージアップ等をめざす「3M運動」
 ・小さな博物館、すみだマイスター、すみだ工房ショップ
4)日常生活の課題解決に役立つ商品開発
 ・消臭毛布、廃食油回収・発電、浮く水着、電動車いす 等
5)新ものづくり創出拠点
6)後継者育成ビジネススクール フロンティアすみだ塾
 ・100数十人のOB・OG
7)区民・区内事業者等による自発的な地域活性化イベント
 ・音楽祭、食べ歩きイベント、工芸品等の市 等
8)墨田区協治(ガバナンス)まちづくり推進基金及び同助成事業
 ・寄付金を財源とした助成事業
9)すみだの夢応援助成事業
 ・ふるさと納税によるクラウドファンディング
10)地域力日本一のまちをめざして
============================
○参加費:会員500円、非会員1000円、学生500円
     (会場費・飲み物等の費用として利用します。)
○申込み:http://www.cbn.jp/contact の必須事項欄にご記入の上、
     問い合わせ内容欄に、「4月25日CBN定例会参加希望」とお書きください。
以上
- | 21:47
- | -
CBN設立20周年記念シンポジウム  12月2日(土)15時〜開催

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

CBN設立20周年記念シンポジウム  12月2日(土)15時〜

「コミュニティ・ビジネスのこれまでとこれから」

 〜地域再生手法の未来的創造に向けて〜

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

グローバル化の進展、人口減少・超高齢化、中心市街地の衰退、地域コミュニティの弱体化など、様々な課題が日本社会を取り巻く中で、持続可能な足腰の強い地域づくりが、今強く求められています。「コミュニティ・ビジネス」は、日本に紹介されて四半世紀が経ち、用語としてはもとより、各種団体の活動・実践を通して、社会に広く定着しつつあります。地域の多様な資源を活かし、人々のやりがいや生きがいを尊重し、魅力ある地域づくりに貢献する「コミュニティ・ビジネス」は、産業構造の転換や働き方改革等の時代の流れの中、地方創生に向けて今後ますます必要とされる概念です。この「コミュニティ・ビジネス」の紹介と普及には、これまでコミュニティ・ビジネス・ネットワーク(理事長 細内信孝)が大きな役割を果たしてきました。当団体は1997年に設立されてから、今年で20年を迎えます。この節目の時期に、「コミュニティ・ビジネス」の今を踏まえ未来を考える20周年記念シンポジウムを企画いたしました。シンポジウムでは、コミュニティ・ビジネスの実践者、地域再生コンサルタント、研究者のそれぞれの立場から、現在進行中のプロジェクト等をご紹介いただき、地域再生手法としてのコミュニティ・ビジネスが目指すべき方向性について考えます。専門家・実践者はもとより、これから地域で何か取り組みたいと考える方をはじめ、広くご参加いただければ幸いです。

CBN設立20周年記念シンポジウム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「コミュニティ・ビジネスのこれまでとこれから」

  〜地域再生手法の未来的創造に向けて〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ●日時:平成29122日(土)15時〜19時(終了予定)

   ●会場:ローランズショップ原宿店

    東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目54−15

    ベルズ原宿ビル1F

    電話番号:03-6434-0607

   <ご案内図>

 http://www.floran-jp.com/harajuku/

   <最寄り駅>

    原宿駅「竹下口」徒歩5

    北参道駅「2番出口」徒歩5

 ●会費:無料

         ※講演会終了後の局瑤痢崗霾鷂鯲会(1800〜)」では、

             飲食費として2000円徴収いたします。

             「情報交流会1800〜」ご参加の方は、地域特産品等飲食物の持ち込み大歓迎。

 

●申込み: お申込みフォームにて必要事項をご記入の上、お申込みください。

また、ご参加いただけない方もぜひ20周年に寄せてメッセージをお寄せください。同じお申込みフォームからお送りいただけます。

 

<プログラム(予定)>※プログラムの内容は当日変更の可能性があります。

【第吃堯曄〇臆暖顱無料

 〇15:00〜 開会・挨拶 須永和久

         (総合進行 鵜飼修)

 〇15:10〜15:40 対談

  『コミュニティ・ビジネスのはじまりとこれから』

     林泰義 + 細内信孝

 〇15:40〜17:50 講演 + 座談会

『コミュニティ・ビジネスのこれから〜新たな地域再生手法に向けて〜』

・実践者、研究者、プランナーの3つの視点から、これまでの取組みや、現在進行中のプロジェクト等を紹介いただき、地域の再生・活性化手法としてのこれからのコミュニティ・ビジネスの方向性を考えます。

 

    <スペシャルゲスト>

  ・林泰義(まちづくりプランナー)

  

  <講演者・テーマ>(各講師30×3名)

・斉藤主税氏(都岐沙羅パートナーズセンター理事・事務局長)「つきさら流コミュニティ・ビジネス育成は何を生み出したのか」、・木村政希氏(東北活性化研究センター調査研究部主任研究員)「生活の足が生み出す地域の活力」 、・田中惇敏氏(Cloud JAPAN代表理事)「空き家丸ごと利活用の秘める可能性」

 〜休憩(10分)〜

 

【第局堯杙臆暖顱О食費2000円 ※地域特産品等の飲食物の持込み大歓迎

〇18:00〜19:00 情報交流会

 <CB出席者の活動報告>

  「コミュニティ・ビジネスに関わって〜これまでとこれから〜」

  ・フードと飲み物を交えながら、

   地域再生に取り組むCB関係者を中心に、活動報告をいただきます。

〇閉会の辞 /東海林伸篤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<講師略歴>

〇林泰義/スペシャルゲスト

1936年東京都生まれ。都市計画家、まちづくりプランナー。千葉大学客員教授を歴任。特定非営利玉川まちづくりハウス運営委員。1997年CBN呼びかけ人代表。市民参加のまちづくりの第一人者。地域に眠るさまざまなスキルをもつ人材を発掘し、人と人をつなぎ、ネットワークを広げると共に、自らも、実践的にまちづくりに携わり続ける。

 

〇細内信孝/コーディネーター

・コミュニティ・ビジネス・ネットワーク初代理事長

 コミュニティビジネス総合研究所所長、町の学校校長

 http://www.hosouchi.com/

 

〇田中惇敏氏(特定非営利活動法人 Cloud JAPAN代表理事)1993113日、福岡県北九州市生まれ。24歳。九州大学工学部建築学科4年。特定非営利活動法人Cloud JAPAN代表理事。特定非営利活動法人HOME-FOR-ALL事務局。株式会社おかえり代表取締役社長。地域のNPOに所属し連携関係を作り現職に至る。将来の夢は、気仙沼で子ども5人に恵まれ、農業・漁業・狩猟をしながら生きていくこと。http://cloud-japan.org/

 

〇斉藤主税氏(都岐沙羅パートナーズセンター理事・事務局長)1971年生まれ、新潟市出身。1996年、新潟大学大学院工学研究科修士課程修了。同年(株)計画技術研究所に入社し、全国各地の都市計画及び参加型まちづくりのコンサルティング業務に従事。1999年より新潟県村上地域においてコミュニティ・ビジネスの育成と中間支援NPOの運営を実践。2004年に(株)計画技術研究所を退社し、以後、NPOの立場から多様な地域づくり事業のプランニング・コーディネート活動を展開中。都岐沙羅パートナーズセンターの取り組みは、各方面から高く評価され、2015年には「平成26年度ふるさとづくり大賞」の団体表彰を、2017年には「第7回地域再生大賞(主催:共同通信社/全国の地方新聞社45社)」で最高賞となる大賞を受賞している。https://www.tsukisara.org/

 

〇木村政希氏(東北活性化研究センター調査研究部主任研究員)1971年宮城県生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、東北電力株式会社に入社。慶應義塾大学大学院経営管理研究科在学中に細内理事長による多摩大学の公開講座を通じてコミュニティ・ビジネスに出会い、以後コミュニティ・ビジネス・ネットワークの活動に参画。2014年より現職。現在は主に東北圏内の政策立案者・研究機関・経済団体等向けの刊行物である「東北圏社会経済白書」の作成に従事するかたわら、各種社会・経済統計を用いて地域を「見える化」し、自分たちの住む地域の現状と課題を理解するための活動を大学生向けに行っている。また、鉄道やバスなどといった公共交通機関を舞台とした地域活性化に関する調査研究活動も行っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●申込み: お申込みフォームにて必要事項をご記入の上、お申込みください。

また、ご参加いただけない方もぜひ20周年に寄せてメッセージをお寄せください。同じお申込みフォームからお送りいただけます。

(お申込みフォーム : https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScaM-07dL-zexddlJwEIrJC_11xmy127VleJCXviQF6fO4kZA/viewform?c=0&w=1 )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問い合わせ先<事務局>

 コミュニティ・ビジネス・ネットワーク事務局長(東海林)

 http://www.cbn.jp/

 shojiforestatnifty.com 

※【at@に変換の上送信願います。

 

- | 01:00
- | -
コミュニティ・ビジネス研究会10月12日開催「横浜市の防火帯建築を活用する試み」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コミュニティ・ビジネス研究会10月12日開催
「横浜市の防火帯建築を活用する試み」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コミュニティ・ビジネス・ネットワークでは、
ソフトとハードの両面から、持続可能な地域社会の
形成に向け議論を重ねています。
この度の研究会では、NPOアーバンデザイン研究体理事であり、
まちづくりコンサルタントとして活躍される
林一則氏(一級建築士、技術士)をお迎えします。

横浜市関内関外地区には、1950〜60年代に
戦後復興の街並み建築として、民間地権者が
公的支援を得て建てた4階建て程度の用途複合型の
賃貸ビル・共同住宅が多数現存しますが、
築後50−60年を経過して老朽化と空室化が進んでいます。
一部で新たなSOHO、クリエイターなどの受け入れや
暫定活用がみられるものの、不在地主が増え空室が
まだらにあることからまちづくりにつながる活用が広がらず、
また耐震や設備の改修に見通しが得にくいこともあり、
ビルオーナーには再生の道筋が描きにくい状況でした。
こうした中で、NPOアーバンデザイン研究体は、
建築、まちづくりの専門家集団として、
まちを活気づける古ビル再生への道筋を、中小のビルオーナー
とともにさぐり、新たな試みを始めています。
まちの再生手法をソフトとハードの両面から学び考える
またとない機会です。皆様ぜひご参加ください。
(本文は、http://www.mlit.go.jp/common/000211545.pdf 
引用の上作成)


●講師:林一則氏(まちと建築デザイン事務所)
    NPOアーバンデザイン研究体理事
●テーマ:横浜市の防火帯建築を活用する試み
●開催日時:10月12日(木)19時〜20時30分
●会場:ローランズショップ原宿店
    東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目54−15 
    ベルズ原宿ビル1F
    電話番号:03-6434-0607
   <ご案内図>
    http://www.floran-jp.com/harajuku/
   <最寄り駅>
    原宿駅「竹下口」徒歩5分
    北参道駅「2番出口」徒歩5分
●会費:一般1000円、学生500円、CBN会員500
          (会場費、飲み物などの費用として利用します)

●申込み: http://www.cbn.jp/contact

の必須事項欄にご記入の上、

問い合わせ内容欄に、「10月12日CB研究会参加希望」

とお書きください。


========== 講師プ  ロ  フ  ィ  ー  ル  =========
○林 一則 はやしかずのり
 NPO
アーバンデザイン研究体理事
(技術士、一級建築士)
1981
年 東京大学工学部建築学科卒業
1991-2003年 株式会社エー・ユー・アール建築・都市・研究コンサルタント 取締役
2003年〜 林一則・まちと建築デザイン事務所 代表
【著書】
復興まちづくりの知恵袋(2012共著 アーバンデザイン研究体)街並み誘導型地区計画の使い方(1997共著 ぎょうせい)、都市のあこがれ(2009共著 鹿島出版会)、防火帯建築群の再生スタデイブック(2009共著 アーバンデザイン研究体)
・・・・・・・・・・・・・・
 

- | 22:18
- | -
コミュニティ・ビジネス・ネットワーク総会・20周年記念特別講演会

 

人口縮減・超高齢化社会を進む日本において、一人ひとりが身の回りの地域資源(人材・もの・空間他)を活かし、

自らが主体となって生業(なりわい)を作り、社会にコミットしていく姿勢が求められています。

そのための実践的方法論として、「コミュニティ・ビジネス(CB)」は、再評価されており、子供からお年寄りまで、幅広い世代が学習し、広く社会に浸透していくことが必要と考えられています。

 

コミュニティ・ビジネス(CB)の普及・啓発を目的として、コミュニティ・ビジネス・ネットワーク(CBN)が、

1997年に設立され、CBの実践者および専門家の情報交流の場として、全国各地に、新たなCB活動の芽を育んできました。

 

このたび、CBN設立20周年の節目の総会において、理事長の細内信孝(CBの提唱者)により、

『地域創生、町の学校から見えるもの』と題しての特別講演会が開催されます。

 

一般の方々のご参加も可能です。奮ってご参加ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コミュニティ・ビジネス・ネットワーク総会・20周年記念特別講演会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■テーマ:『地域創生、町の学校から見えるもの』

■講師:細内信孝(コミュニティビジネス総合研究所長)

■日時:2017年6月25日(日)1730分〜1830

    (講演:40分、質疑・情報交換:20分)

     ※16時30分〜17時20分に同会場にて 正会員による総会があります。

 

■場所:学士会館 会議室

 <ご案内図>

  http://www.gakushikaikan.co.jp/access/

*住所:〒101-8459 東京都千代田区神田錦町3-28  

*電話:03-3292-5936 ()

 <公共交通>
人口縮減・超高齢化社会を進む日本において、一人ひとりが身の回りの地域資源(人材・もの・空間他)を活かし、
自らが主体となって生業(なりわい)を作り、社会にコミットしていく姿勢が求められています。
そのための実践的方法論として、「コミュニティ・ビジネス(CB)」は、再評価されており、子供からお年寄りまで、幅広い世代が学習し、広く社会に浸透していくことが必要と考えられています。

コミュニティ・ビジネス(CB)の普及・啓発を目的として、コミュニティ・ビジネス・ネットワーク(CBN)が、
1997年に設立され、CBの実践者および専門家の情報交流の場として、全国各地に、新たなCB活動の芽を育んできました。

このたび、CBN設立20周年の節目の総会において、理事長の細内信孝(CBの提唱者)により、
『地域創生、町の学校から見えるもの』と題しての特別講演会が開催されます。

一般の方々のご参加も可能です。奮ってご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コミュニティ・ビジネス・ネットワーク総会・20周年記念特別講演会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■テーマ:『地域創生、町の学校から見えるもの』
■講師:細内信孝(コミュニティビジネス総合研究所長)
■日時:2017年6月25日(日)17時30分〜18時30分
(講演:40分、質疑・情報交換:20分)
※16時30分〜17時20分に同会場にて 正会員による総会があります。

■場所:学士会館 会議室
<ご案内図>
http://www.gakushikaikan.co.jp/access/
*住所:〒101-8459 東京都千代田区神田錦町3-28
*電話:03-3292-5936 (代)
<公共交通>
・都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線
「神保町」駅下車A9出口から徒歩1分
・東京メトロ東西線「竹橋」駅下車3a出口から徒歩5分
・JR中央線/総武線「御茶ノ水」駅下車御茶ノ水橋口から徒歩15分

■参加申込み(先着順): http://www.cbn.jp/contact
※席数に限りがございます。
■当日の連絡先:CBN事務局(東海林)07050858555


 

 ・都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線

  「神保町」駅下車A9出口から徒歩1

 ・東京メトロ東西線「竹橋」駅下車3a出口から徒歩5

 ・JR中央線/総武線「御茶ノ水」駅下車御茶ノ水橋口から徒歩15

 

■参加申込み(先着順): http://www.cbn.jp/contact

 ※席数に限りがございます。

■当日の連絡先:CBN事務局(東海林)07050858555

 

 

- | 06:54
- | -
2016年12月26日CB講演会のお知らせ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

201612月CB講演会のお知らせ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

埼玉県杉戸町では、町の歴史的価値に光をあてた魅力発信に向けて、

地元農業高校の高校生と協働により「食資源開発部会」

を立ち上げ、町ならではの新グルメの開発を進めてきました。

そしてこのたび、高校生達の発想から生まれた、町の新たなグルメ

を、高校生自らがおもてなしをする「杉農たまふわ茶屋」が、

町に限定オープンしました。

本講演会では、この取り組みに深くかかわってきた、

地域づくりコンサルタントの岡本淳芳氏をお招きし、

地域活性化に向けた町ぐるみの取り組みについてお話を伺います。

皆様、奮ってご参加ください。

 

<コミュニティ・ビジネス講演会>

□話題「杉農たまふわ茶屋-高校生が伝統料理をアレンジした料理を提供する茶屋の取組」

□ゲストスピーカー 岡本淳芳氏

         (地域づくりコンサルタント・日光歴史街道活性化コンソーシアム事務局長

          ・()JTB総合研究所客員研究員)

□日時:1226日(月)19時〜20

□場 所;JICA研究所(市ヶ谷)6階会議室

     〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5

    <公共交通>

      JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10

      東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10

      東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8

    <ご案内図>

     http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

□参加費:無料

□申込み:http://www.cbn.jp/postmail1/postmail.html

よりお申込みください。「伝言」欄に、“12/26講演会参加“とご記入ください。

- | 23:34
- | -